ブログタイトル

クリスマスケーキ

こんにちは

すっかり周りはクリスマスムードになってきましたね

クリスマスケーキといえば、クリスマスケーキ

日本では生クリームを使ったイチゴのケーキをイメージしますね

では、外国のクリスマスケーキってどんなものなんでしょう?

 

ブッシュ・ド・ノエル・・・フランス

ブッシュ

フランスのクリスマス菓子といえば、日本でも有名な”切り株”の形をしたお菓子「ビュッシュ・ド・ノエル」。フランスでは、メレンゲで作ったキノコを飾り付けるそうです。

 

シュトーレン・・・ドイツ

シュート

ナッツ類とドライフルーツを使ったずっしりと重いパン菓子。日持ちするため11月から切り分けて食べ始めるそうです。

 

 

クグロフ・・・オーストリア

クグロフ

アルザス地方伝統の「クグロフ」は、オーストリアの他、スイス、フランスなどでも食べられるお菓子です。

この独特の形の“クグロフ型”がどの家庭にもあり、ブリオッシュ風の生地にアーモンドなどを入れて作ります。マリー・アントワネットの好物として知られます。

 

 

パネットーネ・・・イタリア

パネ

「パネットーネ」は、アドヴェント(待降節)になると家庭でつくられるイタリア伝統のお菓子。レーズンやオレンジ、ドライフルーツが入っています。

パネットーネ菌を用いて作られ、なんと6か月も日持ちするそうです。

 

 

調べてみたら、国によって様々で、ビックリです

ドライフルーツやナッツもおいしそうだけど

でもやっぱり、クリームたっぷりのクリスマスケーキが1番だな

 

 

 

 

 

 

 

 

▶︎ブライダルフェア一覧

▶︎見学予約フォーム

▶︎電話&アクセス

フェア開催中

プライバシーポリシー

pagetop