ブログタイトル

お車代はどうやって渡したらいいの?

bcbeb3718ca642e56e99bfcf4e76101d_m

 

 

結婚式で遠方から来てくれたゲストや、
仲人、主賓・乾杯の発生をお願いした人などに、
『お車代』というのを払う習慣があります。
カップルからお願いしているので、
交通費の最低金額として『1万円』以上を『お車代』として包みます。
このお車代なのですが、当日はバタバタしていて、
なかなか渡すタイミングが見つからなかったり、
渡し忘れてしまったなんてことが無いように、
「いつ」がお車代の渡すタイミングなのかをご紹介したいと思います。

 

■仲人(媒酌人)
こちらはお二人の仲人役としてお願いした人なので、
披露宴が終わった後に、別室にて両家の親御さんが揃って仲人さんにお渡しします。
金額としては最低1万円から、祝儀袋に包みます。
基準としては、往復のハイヤー代や、遠方であれば新幹線代などが必要です。

 

■主賓・乾杯をお願いした人
主賓は両家各1人ずつお願いしています。
タイミングとしては受付が終わった後に、依頼した両親から
他のゲストに分からない様に渡すのが一般的です。
往復のハイヤー、遠方であれば新幹線を手配して
支払っているのであれば『お車代』は不要です。
用意していないときのみに必要です。

 

■遠方のゲスト
遠方からわざわざきていただいてゲストには、
相手に使わせない程度の金額を包むのが一般的です。
かかる交通費の半額位からで、宿泊代なども必要な場合は用意します。(※親族の場合)
渡すタイミングとしては、親族には親から、
親族以外には受付でゲストへ渡すのが一般的です。

 

この様に『お車代』を渡すのは、
カップルではなく、ご結婚されるご両親だったり、受付でのお渡しだったりします。
渡すタイミングも、ゲストによって異なりますので、
一番ベストなタイミングの基準として参考にしてみてください。

 

名古屋・一宮・春日井・小牧の結婚式場 マナリゾート(manaresort)

アットホームな結婚式場マナリゾート。

9万円台の挙式のみプランや充実の60名以上の挙式披露宴プランまで

幅広く対応しています!

 

MANA RESORT【マナリゾート】

愛知県小牧市北外山739−10

電話:0568-65-8122

 

ホームページ

facebook

ゼクシィ

ウエディングパーク(クチコミはこちらから)

みんなのウエディング(クチコミはこちらから)

フェア開催中

プライバシーポリシー

pagetop