ブログタイトル

「結納」と「顔合わせ」何がどうちがう?

d7dc25c9a697e50f28f814d454b233c2_m

 

結婚を決められたカップルは、お互いのご両親などにそれぞれ挨拶をするなど、
結婚をするまでに様々なことが必要になってきます。
その中で「結納」と「顔合わせ」とそれぞれ行うことが礼儀とされています。
そこで、「結納」と「顔合わせ」は、
一体それぞれどの様な違いがあるのかご紹介したいと思います。

 

■「結納」とは
日本の結婚の風習として「結納」というしきたりがあります。
「結納」は「ゆいのもの」と昔から呼ばれるもので、
2つの家族が婚姻関係を結ぶために行うもので、
カップルの男性側の家族が、女性のお祝いの席へ酒肴の現物を持っていき、
女性の家族が料理を出してもてなすという事から始まりました。
やがて、この酒肴が時代と共に、花嫁衣裳や、装身具などに変わっていきました。
最近ではお金などを包んだり、場所も料亭や、
ホテルなどと簡略化されてきたりしていて、
婚約指輪などの婚約記念品を交換する場合が多い様です。
■「顔合わせ」とは
「顔合わせ」とは、初めて両家が顔を合わせる場として、
食事会として行われることが多い様です。
特に「顔合わせ」には決まりはないので、
ホテルやレストランなどで両家の親睦を深めることを目的として行われます。
最近では、「結納」と合わせて、気軽な雰囲気で行われる場合もあります。
この様に「結納」と「顔合わせ」はそれぞれ全く違う意味があることが分かりました。
最近はかしこまった雰囲気を好まないカップルも多いので、
伝統的な「結納」の席というよりは、
「プチ結納」の席を設けるカップルもいらっしゃいます。
それぞれ、お互いでよく話し合って、「結納」と「顔合わせ」を行ってみてください。
また、日本の昔からの習慣として、お祝い事は午前中が良いとされていたり、
暦の吉日の日に行われることがよいとされていますので、参考にしてみてください。

 

 

名古屋・一宮・春日井・小牧の結婚式場 マナリゾート(manaresort)

アットホームな結婚式場マナリゾート。

9万円台の挙式のみプランや充実の60名以上の挙式披露宴プランまで

幅広く対応しています!

 

MANA RESORT【マナリゾート】

愛知県小牧市北外山739−10

電話:0568-65-8122

 

ホームページ

facebook

ゼクシィ

ウエディングパーク(クチコミはこちらから)

みんなのウエディング(クチコミはこちらから)

フェア開催中

プライバシーポリシー

pagetop