ブログタイトル

和装 〜小物いろいろ〜

今日は、和装の小物についてお伝えします

 

美しさと実用性をもつ和装小物は、昔も今も花嫁に欠かせないもの。

色も柄も豊富にそろい、センスの見せどころとなる。

名前や用途を覚えると、小物使いがさらに楽しくなります!

 

懐剣(かいけん)

布袋に入った短剣のこと。白無垢には白を、色内掛けにはカラフルなものを用いて帯の 左側に挿す。打掛が武家の娘の婚礼衣裳であったことから、「女性でも自分で自分の身 を守るために」という意味が込められている。

懐剣

草履

白、金、銀などがそろい、白無垢には白を合わせる。柄のものを引き振袖に合わせるのが、近年の流行。かかとの高さは2~12㎝くらいだから、新郎新婦の身長差に合わせて調節を。かかとが高いほど高級感があり、華やかな印象に。

草履

笄(こうがい)

髪に挿す飾り、かんざしのこと。素材やデザインは多彩にあり、一般的には挙式と披露 宴で異なるものを着ける。挙式では気品のあるシルバーやべっこうのものを。披露宴で は華やかにゴールドや真珠製が用いられる。

笄

抱帯(かかえおび)

帯の下側に巻く細い帯のこと。江戸時代、上流階級の女性は、家の中では長い裾を引き ながら歩き、外出時は紐で抱えるように固定して裾を上げていた。その紐が抱え帯と呼 ばれるようになり、花嫁衣裳の必需品に。

抱え帯

 

 

 

箱迫(はこせこ)

房と刺繍のついた長方形の袋物。江戸時代は武家の娘の実用品で、成人女性の印でもあ った。くしや鏡などを入れ、衿の合わせ目に挿し入れる。代わりに、懐紙入れとして使 われていた紙ばさみ(紙入れ)を用いることも。

箱迫

 

末広(すえひろ)

新郎新婦ともに、打掛を着たときに手に持つ扇子のこと。「末広がりに幸せになるよう に」という願いが込められている。白無垢のときは、房飾りも白い扇子を。色打掛のと きは、房が赤いものを選んでもよい。

末広

 

ご予約はこちら↓
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
小牧•春日井近郊で人気の結婚式場!
アットホームな挙式•披露宴なら
ウエディングハウス マナリゾート
《マナリゾート 公式ホームページ》
《マナリゾート 来館予約はこちら》
《マナリゾート 資料請求はこちら》
☆記念日ディナーは 江南レストランブラッスリー三幸へ☆

 

フェア開催中

プライバシーポリシー

pagetop