ブログタイトル

中秋の名月

こんにちは

今日は『中秋の名月』ですね

今夜もお天気もよさそうなので、まんまるお月様が見えそうで楽しみです 

おだんごを食べてお月見しようかな〜

 

その前に少しお勉強しましょう

 


『お月見とは』
毎年9月頃に中秋の名月を迎えます(※年によっては10月となることもあります)。

この日は月を眺めて楽しむ月見が行われます。月が見える場所にすすきを飾って、

月見だんごやお酒、里芋、枝豆、栗などを供えて美しい月を愛でるとともに、秋の収穫に

感謝するのです。

地方によっては芋を供えることから、中秋の名月は「芋名月」と呼ばれることも

あります。

 

『十五夜とは』

中秋とは秋の真ん中のことを指します。旧暦の秋は7月、8月、9月ですから、

秋の真ん中といえば8月15日になります。いわゆる旧暦の8月15日(八月十五夜)

で、十五夜の月とよばれたりするのもこのためです。

 

『十三夜の月とは』 

今年は10月17日

中秋の名月は皆さんもご存知でしょうが、実は中秋の名月の翌月にはもうひとつの

名月があります。

これは十三夜の月や十三夜月と呼ばれています。また、後の月と呼ばれることも

あります。

中秋の名月は旧暦8月15日に見える月のことですが、十三夜の月は旧暦9月13日に

見える月のことです。

現在の暦でいうと10月頃になりますが、ちょうどこの頃は栗が実る時期であることか

ら、栗名月と呼ばれることがあります。

中秋の名月と十三夜の月というふたつの名月がありますが、片一方だけしか見ないのは

「片見月」といって、良くないこととされているそうです。

中秋の名月は十五夜の月で満月頃となりますが、栗名月は十三夜の月ですから、

月齢12で満月よりも少し手前。満月よりも少しだけ欠けた月を見るというのも、

また趣きがあっていいのかもしれません。

十三夜の月はそれほど有名というわけではありませんが、中秋の名月とともに、

ふたつの名月を見比べてみられてはいかがでしょうか。

 

勉強になりましたね

みなさまも今夜は外を覗いてお月見してくださいね〜

 

 

20120927_2553026

ご予約はこちら↓
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
小牧•春日井近郊で人気の結婚式場!
アットホームな挙式•披露宴なら
ウエディングハウス マナリゾート
《マナリゾート 公式ホームページ》
《マナリゾート 来館予約はこちら》
《マナリゾート 資料請求はこちら》
☆記念日ディナーは 江南レストランブラッスリー三幸へ☆

 

フェア開催中

プライバシーポリシー

pagetop