ブログタイトル

ゲストに”良かった!”と思わせる新郎謝辞の共通点

f42a7c2fb55ba4100b9723cf3e4e0021_s

 

披露宴の「新郎謝辞」は披露宴の最後に新郎より来てくれたゲストの方々に

感謝の意味を込めての挨拶をします。

本当に今日の日が「お祝いに来てよかった」

と思わせるようなスピーチをしたいものです。

スピーチは3部構成で考えていくとスムーズに制作していく事ができます。

 

1,列席者への感謝の気持ちを伝える。
⇒ゲストからの新郎新婦へのあたたかい祝辞や励ましに対し丁寧にお礼を述べましょう♪

堅苦しい表現より、ご自身が普段使われている話し方や表現の方が

より列席者に伝わりやすいお礼になります。

 

2,感謝の言葉プラスα
冒頭のお礼プラス、一歩踏み込んで具体的な内容で感謝を表す文章を考えてみましょう。

はじめにグッと列席者達に注目してもらい、

更にここの部分で感動させるように刺さる内容を持ってくることで、

本当に今日はこのお祝いの席に時間を割いてきたかいがあったな

と思っていただける場面を作れます。

 

3,結びの言葉をかんがえましょう♪

新しい家族と共に出発するご自身達に、

列席いただいたゲストの方にこれからもご指導・支援をお願いして、

再度お礼の言葉を述べて結びます。

 

◇スピーチのポイント!
・所要時間は2分から2分30秒を目安に長すぎず、短すぎずを心がけましょう♪
・力強く、大きな声でききやすいしゃべり方をしましょう。
・自分の家族の自慢話などではなく、

相手や参列してくれたゲストを思いやる言葉をとり入れましょう!

 

こんなポイントを抑えて考えるとゲストの皆様に「良かったなぁ」

と思わせる素敵な新郎謝辞を述べる事ができますので、是非参考にしてみてください♪

 

 

名古屋・一宮・春日井・小牧の結婚式場 マナリゾート(manaresort)
アットホームな結婚式場マナリゾート。
9万円台の挙式のみプランや充実の60名以上の挙式披露宴プランまで
幅広く対応しています!

MANA RESORT【マナリゾート】
愛知県小牧市北外山739−10
電話:0568-65-8122

ホームページ

facebook

ゼクシィ

ウエディングパーク(クチコミはこちらから)

みんなのウエディング(クチコミはこちらから)

 

 

フェア開催中

プライバシーポリシー

pagetop