ブログタイトル

お車代って誰にどのくらい渡せばいいの?

結婚式にご招待したゲストに『お車代』を渡す習慣があります。
結婚式は初めて知る事ばかりが多いですが、「誰」に「いくら」くらい渡せばいいのか、
ひとつずつ分からないことを無くしていく為に、確認して行きましょう。

c2630fba0c5954abfc875cc34d7a72c0_s

◇「お車代」が必要な人

・「主賓」、「乾杯の発声を依頼した人」にはお車代が必要になります。
・「遠方からのゲスト」はわざわざ来てもらった方なので、お車代が日知用になります。
・「仲人(媒酌人)」この人物を置かない人もいますが、お願いした人はお車代が必要です。

◇お車代を渡すタイミング

・「主賓」、「乾杯の発声を依頼した人」には受付後に、依頼した側の親からお渡します。
・「遠方からのゲスト」は、親族は親から、親族以外は受付でお渡しします。
・「仲人(晩酌人)」は披露宴終了後に別室で、両家の親が揃ってお渡しします。

◇お車代の料金

・「主賓」、「乾杯の発声を依頼した人」には1万円〜実費か、交通費の半分を位をお渡します。
事前に往復のハイヤーや、新幹線代などを手配した場合は支払いは不要です。
・「遠方からのゲスト」は交通費の半額から全額をお渡しします。
・「仲人(媒酌人)」へは1万円以上をお渡しします。※1万円いかな失礼にあたります。

この様に渡す人、タイミング、金額は大体相場が決まっておりますので、目安にお二人や
ご両親と相談して決めましょう。

 

名古屋・一宮・春日井・小牧の結婚式場 マナリゾート(manaresort)

アットホームな結婚式場マナリゾート。

9万円台の挙式のみプランや充実の60名以上の挙式披露宴プランまで

幅広く対応しています!

MANA RESORT【マナリゾート】

愛知県小牧市北外山739−10

電話:0568-65-8122

ホームページ

facebook

ゼクシィ

フェア開催中

プライバシーポリシー

pagetop