ブログタイトル

お日柄について

お日柄 =「六輝」について確認してみましょう。

まず、六輝とは…

六曜(ろくよう・りくよう)は、
暦注の一つで、
先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種をいう。
日本では、暦の中でも有名な暦注の一つで、

一般のカレンダーや手帳にも記載されていることが多い。
今日の日本においても影響力があり、
「結婚式は大安がよい」「葬式は友引を避ける」など、

主に冠婚葬祭などの儀式と結びついて使用されている。

六輝(ろっき)や宿曜(すくよう)ともいうが、
これは七曜との混同を避けるために、明治以後に作られた名称である。
(Wikipedia調べ)

ということで、暦の一つですよーってことです

順番にみていきましょう。

・大安
終日なにごとも吉のお日柄。
結婚式や結納に選ばれる事が多いです。

・友引
昼は凶で、午前と夕方、夜は吉です。
大安の次に良い日柄とされています。

・先勝
なにごとも急ぐことが良いとされています。
午前が吉で、午後が凶のお日柄。

・赤口
午前11時頃から午後1時頃までが吉、
それ以外は凶とされているお日柄です。

・先負
先勝とは反対のお日柄で、
午前が凶で午後が吉。

・仏滅
終日凶のお日柄。
「物滅」ともいわれる。

と、こうして並べてみて見ると
「やっぱり大安がいいなぁ」
なんて思われるかもしれません

ですが、この吉や凶とされる根拠は不明なのです。
そして中国発祥なのですが、
もう中国では使われていないらしいです。
さらに、この六輝は七曜(月~日曜日)と同じように
順番に回っているだけなんです

なので、「気にしなくて良い」と言ってしまえばそれまでですが。。。
やっぱり日本人は縁起物が好き(な気がします)なので、
どうしても大安や友引が人気といえば人気です

その反対に仏滅が(比較的)人気がなかったりしますので、
そのぶん金額面で若干お値打ちなプランを用意させて頂いています

お日柄にこだわることが悪ではないですが、
いろんな要素をトータルで考えて頂くと
結婚式もまたいろんな可能性が出てくると思います

そんないろんなこと、是非ご相談くださいませ

フェア開催中

プライバシーポリシー

pagetop